ホーム / 研究・教育 / 研究紹介 / 基礎炭化水素化学分野

基礎炭化水素化学分野(大江研究室)

高効率・高選択的な有機反応の開発は、「モノづくり」の根幹です。我々は、「モノづくり」の本質に迫るべく「何を」「何のために」「どのように」を3つの柱として新触媒、新反応、新規有機化合物の開発を目指した研究を、実験と理論の両面から展開しています。

限られた資源を有効に活用するとともに、環境にも優しい「モノづくり」をするためには、出発原料から生成物へ至る反応が分子レベルで正しく理解され、精密にデザインされていることが必要です。最終的に破棄物を出さず必要なものだけを造る新反応の開発がこれからの化学者、技術者には強く求められています。

また、新たに合成される物質の持つ機能も我々が豊かな生活を営む上でとても重要です。したがって、構造を自在に構築できる有機合成反応により、生理活性物質や機能性材料を創製する研究にも積極的に取組んでいます。

我々は、有機化学の研究を通じて、揺るがない基礎力と柔軟な応用力を兼ね備えた研究者、技術者の涵養に全力で取組んでいます。

教員

大江 浩一 ( Kouichi OHE )

大江 浩一教授(工学研究科)

研究テーマ

遷移金属錯体を触媒とする新形式有機反応の開発と環境調和型触媒反応構築のための分子触媒設計および有機機能性材料の創製

連絡先

桂キャンパス 総合研究棟A2 5階506号室
TEL: 075-383-2495
FAX: 075-383-2499
E-mail: ohe"at"scl.kyoto-u.ac.jp ("at"を@に置き換えて下さい)

三木 康嗣 ( Koji MIKI )

三木 康嗣准教授(工学研究科)

研究テーマ

有機合成化学を基盤とした新規有機化合物、機能性分子材料の開発に取り組んでいます。生体応用を指向し、(1)がん細胞・組織など特定の疾患で過剰発現する分子や疾患特異的な環境を識別して信号を発する機能性分子、(2)細胞内外や細胞膜に働きかけ、細胞の機能を制御できる機能性分子の開発を目指しています。

連絡先

桂キャンパス 総合研究棟A2 5階504号室
TEL: 075-383-2498
FAX: 075-383-2499
E-mail: kojimiki"at"scl.kyoto-u.ac.jp ("at"を@に置き換えて下さい)

Huiying Mu ( Huiying MU )

助教(工学研究科)HuiyingMu.JPG

研究テーマ

 (1) Development of new type organic reactions catalyzed by transition metal complexes, and design of molecular catalysts for construction of environment-friendly catalytic reactions.

(2) Development of organic functional materials for biological applications, such as the design and synthesis of novel activatable chemical probes for the detection, visualization, and diagnosis of related diseases by fluorescent and/or photoacoustic imaging in living cells and in vivo.

    連絡先

    桂キャンパス 総合研究棟A2 5階504号室
    TEL: 075-383-7053
    FAX: 075-383-2499
    E-mail: mu.huiying.3h"at"kyoto-u.ac.jp("at"を@に置き換えて下さい)