ホーム / 研究・教育 / 研究紹介 / 合成反応設計分野

合成反応設計分野(中村研究室)

新たな有機金属反応活性種や反応系をデザインすることにより,次世代に向けた化学資源を有効活用する有機合成反応の開発研究を行っています.従来型の合成反応は,石炭・石油などの資源の大量消費を背景に発展した化学工業の発達と密接な関係を持つものが大部分ですが,人類の長期的かつ持続的な発展の物質的基盤を支えるには,既存の合成反応のレパートリーのみではあまりにも心許なく,新しい有機反応の発見とそれに基づく化学工業における省資源化さらには新資源開拓が不可欠であると我々は考えています.

教員

中村 正治 ( Masaharu NAKAMURA )

中村 正治教授(化学研究所)

研究テーマ

化学資源の活用を目指した新しい有機合成反応開発を目標に、有機金属反応活性種の創製と応用の研究をおこなっています。

連絡先

宇治キャンパス 化学研究所本館 4階M471C号室
TEL: 0774-38-3180
FAX: 0774-38-3186
E-mail: masaharu"at"scl.kyoto-u.ac.jp ("at"を@に置き換えて下さい)

高谷 光 ( Hikaru TAKAYA )

高谷 光准教授(化学研究所)

研究テーマ

  1. 生体分子の特性を利用した金属の精密集積制御と機能開拓:特に組成・配列を制御された金属集積型分子の開発に注力しています.
  2. 鉄を含む超分子集合体の開発と触媒機能の探索:種々の元素を含む鉄超分子構造体を構築し,元素の相乗効果に基づく新しい有機合成反応の開発を目指しています.

連絡先

宇治キャンパス 化学研究所本館 4階M459C号室
TEL: 0774-38-3182
FAX: 0774-38-3186
E-mail: takaya"at"scl.kyoto-u.ac.jp ("at"を@に置き換えて下さい)

磯崎 勝弘 ( Katsuhiro ISOZAKI )

磯崎 勝弘助教(化学研究所)

研究テーマ

分子間相互作用を鍵とする分子や粒子の自己組織化を利用した機能材料の創製と応用を目指して研究を行っています。

連絡先

宇治キャンパス 化学研究所本館 4階M465C号室
TEL: 0774-38-3184
FAX: 0774-38-3186
E-mail: kisozaki"at"scl.kyoto-u.ac.jp ("at"を@に置き換えて下さい)

岩本 貴寛 ( Takahiro IWAMOTO )

岩本 貴寛特定助教(化学研究所)

研究テーマ

新しく有用な有機合成反応を指向した遷移金属触媒の開発とその反応機構の解明に関する研究を行っています。

連絡先

宇治キャンパス 化学研究所本館 4階M465C号室
TEL: 0774-38-3183
FAX: 0774-38-3186
E-mail: iwamoto"at"scl.kyoto-u.ac.jp ("at"を@に置き換えて下さい)

ADAK, Laksmikanta ( Laksmikanta ADAK )

特定助教(化学研究所)

研究テーマ

連絡先